猫背腰痛意外な関係性

<INDEX>

1)赤穂市在住F様のお悩み

2)猫背とは

3)なぜ背中の動きがわるくなるのか

4)胸椎の可動性減少による腰痛や肩こり

5)当院の整体施術方がどのように変わっていったか

6)F様の経過

 

1)赤穂市在住F様のお悩み

F様は農作業をはじめると5分もしないうちに腰が重く痛くなってくる。ここ一年くらいで背中がまるくなってきて猫背が気になる。とのことでご来院されました。数年前に膵臓の手術歴があります。

 

2)猫背とは

猫背は円背とも言い、背中がまっすぐにならずに丸くなってしまっている状態です。なかなか自分では気がつきにくく、誰かから指摘されて気が付く人も多いです。女性では美容の問題、あるいは見栄えが悪いので特に肩こり、腰痛などの症状を伴わない場合でも改善したいと希望される方もおられます。猫背の方の丸くなっている箇所(胸椎)は背骨の椎間関節の動きが悪くなっていて背中を丸くしてそれを無意識のうちに伸ばそうとしている状態が猫背だと筆者は考えています。

 

3)なぜ背中の動きがわるくなるのか

猫背になる箇所は脊椎の中の胸椎が該当します。脊椎は胸椎の他に頸椎、腰椎、仙椎があります。

胸椎は脊椎の中では肋骨と関節を形成するために、他の脊椎とくらべると自由度が少ないです。そのうえ家事やデスクワークなど上肢を使うときはそれを支えるために負担のかかる場所です。

年齢とともに負担が蓄積されていって、それに対して何もしないでいると動きが悪くなってしまい猫背になります。胸椎部分は体を回旋させるとよく動きますが、猫背の方は体を回旋させる可動域が減少している場合がほとんどです。

太極拳や気功に体を回旋させる動きがありますが動きが悪くなりやすい胸椎部分の可動性を大きくしようとしているのだと思います。

 

4)胸椎の可動性減少による腰痛や肩こり

家事やデスクワークなど上肢を使うことの多い現代社会において胸椎の可動性が減少してしまうのはもはやあたりまえのことかもしれません。胸椎の可動性が減少すると、その上の頸椎や腰椎にも負担がかかってしまうので猫背は首コリ肩こりや腰痛の原因のひとつだとも言えます。

ところで肩こりや腰痛は多発する症状ですが背中こりや背中痛とはあまりいわないのはなぜでしょう。

 

5)当院の整体施術方がどのように変わっていったか

整体の手技で背骨をユラユラ揺らすだけという施術があります。ユラユラするだけで胸椎部分の可動性が改善されるために肩こりや腰痛が楽になることがあります。筆者も一時期この手技で病院で脊柱管狭窄症だといわれた人や原因不明の手指のこわばり痛みが劇的に改善したことがあり、熱心にこのユラユラする施術に取り組んでいた時期があります。胸椎の可動性減少が原因している肩こりや腰痛には効果的ですが、他の原因がおおきく関与している場合はあまり効かないのです。

どんなにすばらしい手技や施術法も悪い場所、原因の箇所にしないと効果はありません。ユラユラする手技が著効しないこともある。という経験もあり現在のような体に負担がかかっているところはどこかを探りながら体のバランスを整えていくスタイルに変わっていきました。

 

6)F様の経過

F様は初回施術後に背中が伸びた感じがするとお喜びいただきました。翌日、畑に行くとやっぱり腰が重く痛くなりましたが4回目の施術後には、最近、足の裏がしびれてきたとおっしゃられました。これは施術をしているとよくあることです。最初に痛く感じていたところが良くなってくると、次に悪い場所が出てくるのです。実際F様も最近、そういえば腰は気にならなくなったとおしゃられていました。人間はたくさんの痛みを、いくつも同時に感じないように、脳の仕組みが出来ているからです。

腰痛で猫背が気になる赤穂市在住F様

このページの作成者について

著者:和田俊二

~略歴~

早稲田摂陵高校~明治東洋医学院

業界歴30年。学生生活最後の年に交通事故に遭い大怪我をした経験があり、患者の立場になってみて、今まで以上に「結果の出せる施術」を追求する。交通事故の経験は痛みを感じにくい動作やセルフケアの研究につながる。漢方薬店を併設し東洋医学のトータルケアが可能な施術所を設立。思考錯誤を繰り返し開発した「スイッチ鍼法」は特許庁より商標登録の許可を受ける。