妊活サポート(ケース3)

主訴 不妊症(赤ちゃんができない)。

42歳 女性

・6ケ月前から産婦人科で不妊治療継続中。
・タイミング法を試している。
・ご主人の検査はしていない。

初回からの経過
結婚してから何年も経つが妊娠したことがない。一度はあきらめていたが併設している漢方薬店の子宝チラシをみていただきご来院。
鍼灸施術と漢方(タンポポ茶)をご利用いただく。お仕事が多忙なためか施術も漢方もキッチリと続けていただけなかった。
7ケ月ぐらい来院があったが来られなくなった。それから6ケ月ぐらいしたある日妊娠のご報告を電話でいただく。
つわりが酷く困っているので鍼灸をしてもらいたいとのことだった。一度ご来院があり鍼灸をおこなうがその後の連絡はない。

本症例の考察
妊活サポートの施術では真面目にキッチリと通院される方もおらられますが、予約が飛んだり漢方も一日2回を服用されない方もいる。
しかし、きっちりご来院して漢方も服用したら必ず良い結果が得られるわけでもない。本症例の方のようにマイペースな方でも良い結果が出る場合がある。

*施術効果には個人差があります。