妊活サポート(ケース2)

主訴 不妊症(赤ちゃんができない)

28歳 女性

・産婦人科で不妊治療継続中。
・チョコレートのう胞の診断を受ける。
・医師から体重を減量を指導される。

初回からの経過
子宝相談で来院されたこのお客様は医師からチョコレートのう胞の診断を受け、不妊にもよくないとのことで体重を減らすように指導されているとの事であった。
はやく赤ちゃんを産みたいので出来ることがあれば何でもしたいとの希望から鍼灸、整体、漢方をご利用いただくことになった。
ダイエットに関しては糖質制限の指導と耳ツボへの鍼を行った。また骨盤の歪みも前から気になっていたので整体の施術も行った。
2ヵ月ぐらいしてから体重が減りはじめ10kgの減量に成功され6ケ月後に見事に妊娠された。漢方(タンポポ茶)もキッチリ毎日朝晩2回服用していただく。

本症例の考察

チョコレートのう胞、不妊の原因のひとつに肥満がある。糖質制限ダイエットは昨今ブームになっているが妊婦が極端な糖質制限を行うと胎児の健康に将来的に良くないという研究報告が米国で発表されている。

*施術効果には個人差があります。

半年で10キロのダイエットに成功し、妊娠もし無事に女の子を出産しました。

お客様写真

「なかなか妊娠しなかったので当院受診しました。体重もかなり増えていたので、まずダイエットから開始。整体とたんぽぽ茶も紹介してもらい、ダイエットに効く耳つぼもしていただき、いたせりつくせりでした。半年ほどして10キロのダイエットに成功し、妊娠もし、無事に女の子を出産できました。」

赤穂市在住 H,M様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。