頭痛 肩こり こんな時は病院へ。

頭痛の症状の影に重大な病気が潜んでいる場合もあります、和田はり灸院・接骨院でも首や肩が凝り過ぎて頭まで痛くなってくるといって来院される方がたくさんおられます。

これらの前兆はある重大な病気のサインかもしれません...。

朝、目が覚めると頭が痛い。そういえば2ヶ月ぐらいまえ病院へ行って診てもらったときに、これは肩がこりすぎてるからですよ。と言われたことがあるから今回もきっと肩こりからだなぁ...。と安心していてはいけません。

頭痛には脳卒中(脳出血、クモ膜下出血)など重大な病気が隠されている場合があります。これらの症状がある場合は直ちに病院へ行きましょう!!

1「まぶたが垂れてきたり眼球の動きが悪くなる。」もしこのような症状が現れた場合は治療院ではなく病院へ行ってください。

2「排便の時ときにわずかな頭痛を感じる。」ぐっと「いきむ」「きばる」ときに頭の中の圧力が高くなります。もしも出血性の病変があるときはわずかな圧力の変化でも症状が現れる場合があります。

3「熱がないのに激しい頭痛が続き首の付け根が張ってくる。吐き気をもよおし意識低下。」肩がこりすぎて吐き気がしたり。気分が悪くなったりするといった事はあります。でも、さすがに意識低下となると...。

昔から「肩こりは万病のもと」という表現があります。慢性的に肩こり症状がある方は慣れっこになっているかもしれませんが身体からのサインを見逃すと大変な事になるかも知れません。

普段から自分の身体の変化には気を付けたいですね。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事